事業資金を調達する手軽な方法とその注意点

事業資金を調達するなら金融機関を利用しましょう

会社の売上や利益を安定させたり、伸ばしたりするためには、新しい商品の開発や優秀な人材の採用などを行いましょう。この場合に必要となるのが資金です。使用可能な資金が多いほど自由に行動しやすくなる分、会社を成長させることができます。事業資金を調達する場合に最もオーソドックスな方法となっているのは、金融機関からの融資です。数十万円という少額から数百万円や数千万円、数億円という大金まで融資を受けられる可能性があります。事業を開始して日が浅く、売上や利益の金額が小さい時は融資してもらえる金額は少額だったとしても、順調に成長していけば徐々に金額の大きい融資を受けられるようになるので、地道な努力が実を結びます。

確実に返済を続けましょう

事業資金を金融機関から融資してもらった場合は、少しずつ返済していくことになります。返済する金額が大きいほど負担は大きいですが、遅れることがないように注意が必要です。金融機関は企業に事業資金を融資し、金利分の利息を返済してもらう形で儲けを出しています。つまり、返済が遅れてしまうということは、融資で利用している金融機関の利益を減らしていることになります。そのため、借入の遅延や延滞は金融機関からの信用を失ってしまうので、絶対に返済するようにしましょう。どうしても返済が厳しい時は返済条件の変更という選択肢は残されています。しかし、条件変更は今後の借入への影響や要注意先という扱いになる可能性があるので、最初の条件通り返済していくのがベストです。

ファクタリングとは、売掛金の受取手形などの債権を業者に買い取ってもらうことで、すぐに現金化する手法です。いくらかの手数料がかかりますが、すぐに現金が欲しいときには有効な手段です。