決済代行サービスで比較すべきポイントとは?決済代行の選び方

まずは決済管理ツールを比較する

決済代行サービスをはじめて利用する時、料金の安さだけで選んでしまうと、あとで後悔してしまうかもしれません。もちろん初期費用や運用コストも大切ですが、それ以外にも重要な部分がいくつかあります。実際に決済代行サービスを導入する時、まず最初に比較しておきたいのが決済管理ツールです。この管理ツールは、仕事の能率や効率に大きく影響するものです。万が一決済管理ツールのシステムが中途半端な内容だった場合、他のツールの導入が必要になるかもしれません。決済管理ツールでまずチェックしておきたいポイントが、管理ツールの画面内で、決済の管理を全て実行できるかどうかです。サービスによっては、決済方法ごとに他のシステムにログインしなければなりません。その作業はとても手間がかかりますし、全ての決済管理が一つの管理画面で出来ることは、とても大切なポイントです。また、一括処理や自動検知などの機能が備わっているかどうかも重要です。このような機能の有無は、作業効率に大きく影響します。

決済手数料が高いか安いか

決済代行サービスは初期費用や月額費用も重要なポイントですが、決済手数料はしっかり比較しなければなりません。決済手数料とは、1件の決済毎に発生する手数料を意味しています。したがって商品が売れれば売れる程、決済手数料の高さは大きく影響します。このため、決済手数料が出来るだけ安い決済代行サービスを選ぶべきなのです。また長期的に利用するのであれば、月額費用もしっかり比較しておきましょう。

決済代行は運営側、利用者側双方にとってメリットのある決済手法です。運営側は手間なく、利用者側は安心して利用が出来るのでwin-winの関係が成り立ちます。