ネット型自動車保険の特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説します!

ネット型の自動車保険とは

ネット型の自動車保険とはネット上で手続きを行う自動車保険です。基本的には任意保険のことを指し、ロードサービスなどに各社違いはありますが店舗型の自動車保険と遜色ないサービスをリーズナブルな価格で実現しています。昨今利用者が増えているタイプの保険でもあります。

ネット型の自動車保険のメリット

ネット型自動車保険のメリットは何と言っても料金が安いことです。店舗を構える必要がないため、保険会社は費用をカットすることが出来、その分が料金の安さへと還元されています。また、手続きをネット上で行えることから利用者にとって手間が少ないというメリットもあります。加えてネット型自動車保険の場合はインターネット上で落ち着いて手続きを進めることが出来ます。担当者から色々とオプションを勧められるということもないので、自分の本当に加入したいプランを選ぶことが可能です。自分のペースで手続き出来ることもメリットといえるでしょう。

ネット型自動車保険のデメリット

ネット型自動車保険のデメリットはロードサービスの充実などがお店ごとに差があることです。ネットだからと言って現地でのサービスが充実していないということはありません。ところが、保険会社によってはサービス面に違いがあります。そのため、口コミなどを幅広く調査し、確認しておくことが欠かせません。自動車保険に加入するときには詳しい情報を確認しておくことが大前提となりますが、ネット型の自動車保険の場合は担当者とじっくり話したりすること難しく、積極的に調べておくことが大切です。

自動車保険を契約する際は、弁護士特約を付けることをおすすめします。過失ゼロの事故の場合、保険会社は加害者との示談交渉をできないからです。