意外と分からない?!社労士の仕事内容とは

1号業務の申請書類等の作成

1号業務として位置付けられているのが、申請書類等の作成です。役所などに提出する申請書や届出書、審査請求書や異議申立書、再審査請求書などを作ります。この1号業務は社労士のみが行える仕事の一つです。具体的な例を挙げるとすると労働保険や社会保険、雇用保険に関する書類の作成、退職手続き関連の書類作成などです。また健康保険の傷病手当金や出産手当金などの給付手続きの書類、各種助成金の申請手続きも仕事内容になります。働き方改革が進められている現代では社労士にこれらの手続きを委託することも多く、社労士の活躍が広がっている業務とも言われています。

2号業務の帳簿書類の作成

労働社会保険諸法令に関連する帳簿書類や労働者名簿の作成、賃金台帳などの作成が2号業務になります。企業などにある労務関連の書類を作成することで、雇用契約書や出勤簿なども作ることがあります。1号業務と同様に、これも社労士だけが取り扱うことが出来る仕事になっています。

3号業務のコンサルティング

3号業務のコンサルティングでは、企業や個人の相談対応や指導を行います。企業に対しては労働や社会保険に関して相談に乗り、アドバイスや指導をするのです。個人を顧客とするときには年金相談や障害年金申請などの手伝いを行うのが一般的です。特に障害年金申請は専門知識と経験が必要なので、社労士のスキルを必要とするケースが多いです。1号業務や2号業務とは違い、社労士の独占業務ではありませんが、社労士の資格を活かして活躍することが出来る分野でもあります。

渋谷の社労士は、キャリアを生かして個人事務所を開設する人から、大手企業の法務部に雇用される人まで働き方は様々です。